入浴する前には水分をしっかり取ります。

熱めのお湯44~45度くらいのお湯に、入浴剤や、お塩大さじ2~3杯と重層などをいれて

よくかき混ぜます。発汗作用のある入浴剤もおすすめです。

上半身は冷えないようにTシャツや、両肩にタオルをかけるようにし

下半身のみお湯につかるようにします。

おへそのあたりまでつかるといいでしょう。40分程つかるため、途中でお湯が冷めてきたら

追いだきや、お湯を足すのがおすすめです。

たっぷり汗をかいたら

その後、お湯の温度を38度くらいに下げて全身つかるようにします。

または、シャワーで足元(太腿から下)に冷水を10秒ほどかけます。

酵素ダイエット中には、このような入浴方法がおすすめといわれています。

体温を上げることで、新陳代謝がよくなるからです。

それは、酵素のはたらきが良くなることも指します。このような入浴方法でたっぷり汗をかく人

じわじわ汗をかく人などさまざまです。体温が低いといわれている35度代の人は

代謝が低下し、病気にもかかりやすいといわれています。

ゆっくりお湯につかって、からだのなかから温めることで、エネルギーを消費することもできるため

やせやすい体質へと変わっていけるようです。

酵素ダイエット中にぜひ試してみたい入浴方法ですね。